fc2ブログ

安心安全不動産投資法 6 住人、ご近所さんから、思わぬ情報がゲットできます。

先日、TVにゴルファーの古閑美保さんが出演していました。

豪快過ぎる金使いで「女勝新」と言われているとの事。

『へ~~ そうなんだ^^』と見ていると、

「実は私、すごい小心者なんです。 だから人より余計に練習するんです。」

とおっしゃっていました。

とても小心者には見えません、、

けど、

「だから人より練習する。」の言葉に、深く頷いた私でした。



そうです、小心者も悪くない。

「だから徹底調査する。」→ 「悪い物件は掴まない。」ってね。



さて、前コラム

小心者主婦の安心安全不動産投資法 5 内部が見えるならここをチェック

で、

建物の調査の後に、

住人の方、ご近所の方、役所、不動産屋さんなどへ聞き込みします。



コラム  小心者主婦の安心安全不動産投資法 3

で紹介した

物件調査の一助に、、「大島てる」とは?!

だけでは、網羅されていない情報も有るからです。



聞く内容は、

1、何か特別な事は無かったか?(事件、事故、自殺、ボヤ騒ぎなど)

2、建物のトラブル(雨漏り、漏水、漏電など)はなかったか? →主に住人

3、迷惑な入居者はいないか?(暴力団、精神異常者など)

4、入居者以外の不審人物の出入りはないか?

5、入居者の職業は? どんな人たち?

6、買い物はどこへ行くのか? コンビ二は近くにあるか?

 (これは自分でも歩いて確認します)

7、物件周辺に変な人は住んでいないか?

8、物件について悪いうわさはないか?

9、物件や大家への不満はないか?

10、この辺の治安はどうか?



などなど、

聞くことは実にたくさんあります。



ただし、

立て続けに聞くと尋問されているように感じますからご用心。



あくまで世間話的に気楽な感じで聞いてみます。

一人に3~4個くらい、話が弾むようならもう少し聞いても良いでしょう。



私も、

一棟めの時に、住人とご近所にお話を伺って、いろいろな事が確認できました。



「立地が良いので、気に入って住んでいる。」住人A → 緑『なるほど、住人がそう言うなら満室維持できそう。』



「ワンルームだが、ロフトがあるので狭さは感じない。」同じく住人A

→ 緑『確かに、全室ロフト付は魅力だわ~』



「最近、階段作り変えと外壁塗装をした。 その間、費用を出してもらって、別のところ(ウイークリーマンションらしい)に住んだ。」2階の住人B

→ 緑『おッ、良いじゃない! 確かにきれいになっているね、、

となると、メンテナンスはすぐには必要ないね!』



「修繕を頼むような設備トラブルは今のところない。

修理屋さんが来ているのを見た事がないから、多分他の部屋もないと思う。」同じく住人B

→ 『よしよし、、』



そして、ご近所

「アパートは退去があってもすぐに埋まってるみたいですよ。 ここは割りと便利ですから。」近所C

→ 緑 『ご近所は、それなりに見ているんですね~』

「特に迷惑な人はいませんね。 皆さんお勤めの方で、朝出て夜帰ってくる感じです。」同じく近所C



「以前はゴミのトラブルがありました。

私はお向かいだから、お掃除してたんですよ。

でも、アパート専用にゴミ置き場が作られてからは、ゴミのトラブルは無くなくなりました。」近所D

→緑『良かった~ トラブル解決済みとは、ありがたい!』



そして、

ここで思わぬ事が判明~

それは、

近所CさんとDさんから聞いた同じ言葉から、、

「え~~、○○先生売りに出されたの~?~」



?、?



緑『○○先生って、お子さんの担任の方?なの』と思った私。

実は、

前オーナーは○○というTVにも出ている有名な作家先生だったのです~



これには正直びっくりしました。

このアパートは、中堅のある不動産屋さんが売主でした。

しかし、謄本にはその作家先生と微妙に似た本名が書かれ、

その作家先生から私へ所有権は移転しました。



これは、

後から調べて分かった事ですが

最高裁も認めている、「中間省略登記」です。





本来B(中堅不動産屋)は、「C(緑)が代金を払わないなら登記を移さない」と言うことができます(民法533条、同時履行の抗弁権)。

しかし、

A(有名作家○○先生)からC(緑)へ所有権移転をすると、

BはAに代金を払いながらCから代金を回収できず、しかも不動産に対する権利も無いというリスクがあります。

ただ、

Bがもしそのリスクを承知の上で、A→Cの登記をする事(中間省略登記で、Bは不動産取得税は払わなくて済む)は可能です。



中間者(B)の同意があり、実際に済ませた「中間省略登記」は有効という判例があるのです。



さて、

熱海では、住人の方の部屋へ上がらせて頂き、一時間越えのおしゃべりの中で情報収集しました~!

ここでも、

仲介業者からは教えてもらえない沢山の情報がゲットできました~



それは次のコラムにて。



コラムが、どなたかのお役に立てます様に=

スポンサーサイト



初めまして

大家へ至る挫折と希望の道のりは、左[カテゴリ欄の 大家への道のり 
    に綴っています。
物件情報収集、現地調査、買い付け、指値、融資交渉、契約、登記、管理等  「自分でやる!」がモットーの主婦の体験です。

大家業の日々
大家業ー管理、リフォーム、店子の面々、徒然で更新中です。
本の購入はこちら
売り切れ状態から脱出、アマゾン、楽天、本が入荷しました                                                            ← 楽天
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
プロフィール

緑

Author:緑
経済的自由、時間的自由を手にした主婦大家です。

(一級建築士、宅地建物取引主任、インテリアプランナーの資格を持つも、夫の海外赴任で海を越えて暮らす事11年、資格を持ち腐れ状態で2006年帰国。)

帰国してすぐ、大家業を思い立ち、行動を起こす。

しかし、夫の反対、金融機関での融資撃沈と前途多難な大家への道のりを歩み

2006年9月 初めてアパート一棟(6戸、東京)購入へこぎつけ、

2007年7月 二棟目(6戸、甲府)購入で事業規模大家になりました。

2010年7月 三棟目 一棟マンション(6戸、熱海)を購入。

2011年1月 4物件目 都心に区分マンション現金購入。

2012年9月 本を初出版「主婦大家業は今日も楽し」
   アマゾンカテゴリで1位獲得
    
2013年3月 5物件目 東京に一棟マンション購入

2013年7月 6物件目 激安戸建(固定資産税評価額以下)現金購入し、夫とセルフリフォームで蘇らせる。

2016年10月 7物件目 甲府にテラスハウス(3戸)を現金購入。

借入は2016年現在実質完済、購入物件は売却せず所有中です。

「出来ることは、自分でやる!」(管理、リフォーム、登記、契約書作成、何でも来い!)
「住人とのあったかいコミュニケーション」をモットーに、賃借人の皆様と楽しい大家業を邁進中。

コメントありがとうございます!
リンク
FC2カウンター

現在の閲覧者数:
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
検索フォーム